愛猫と、自然と、心の風景。

・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域猫のきもち
2010/12/03 (Fri) 20:33



    しばらく地域猫の撮影に行っていなかった。
    その理由はいろいろある。
 

    一つには・・・・
    その子たちのために何もできない自分が嫌になっていたから。
    時々ご飯をあげるだけじゃ、何の解決にもならない。
    
    でも、物理的に、今の私の生活を考えると、
    地域猫のために「できること」って限られている。
    猫のために「したいこと」はたくさんある。
    でも、それは無理がある形であってはいけない。
    なぜならば、無理があると結局は長く続かないから。
    続かなければ、結局は地域猫の救済にはならないから。




    
 Dec1-2.jpg

 




   
    でも先日、写真家岩合光昭さんの写真展に行って、
    多くの地域猫の写真を見て、そしてお客さんの反応を見ていたら、
    地域猫の写真を残すことだけでも、もしかしたら、
    直接的ではないにしろ、何か猫のためにつながるかもしれないって
    思った。

   

    一方で、このブログで、猫たちの「生きた証」と綺麗事を言って
    写真に残すだけで、何か変わるのかといえば、
    何も変わらない気がする・・・・。


   
   
    

 Dec1-1.jpg
  

  




    私自身、どういう形でこの子たちに接したらいいのか
    まだ暗中模索という状態。
   
    
    この子も、まっすぐな目をした3か月ほどの子猫。
    兄弟猫も友達猫もいて、ご飯もほぼ毎日もらっている。
    愛情をもって接してくれる猫好きの人が数名いるようだ。
    でも、このあたりの地域猫で、去勢避妊手術されている子は少ない。
    ただ客観的に見ても、この子たちが悲壮感に満ちているようにも見えない。
    もちろん、姿が見えない子たちは人知れず命を落としているということも
    忘れてはいけない。




    「君は今幸せですか?」

  


    猫の生き方も一昔前とは変ってきている。
    でも、その土地や風習に応じた形があるような気がする。
    私自身、答えを探しながら、
    そしてもしかしたら、またジレンマを感じながら、
    できるだけ逃げずに、写真は撮り続けようと思い始めている。
   
    
    





。o○。o○゚*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○゚・*:.。. 。o○。o○゚*:.。. .。.:*・゜○o

  
     地域猫のこと、そして写真を残すこと。
     少し前まではそこまで深く考えていなかったんですが、
     猫のことを考えるようになればなるほど、
     写真を撮ることも、ブログに載せることも、
     今回の記事についても、かなり悩みました。
     今でも悩んでいます。
     でも、そうやって答えが出ない状態でも、
     途中経過であっても、後で間違えだとわかっても
     その中途半端な状態を残すことが
     必要なのかもしれないと思っています。
     猫にとっての幸せが何なのか、私にはまだわからないけれど
     でも、「殺処分」という形で命を落とすことではないのは
     誰の目にも確かです。
     
     
      




   また次回の写真も見たいかもって思ったら・・・ ポチしてね♪ ・・・アリガトォ<(_ _*)>

    




スポンサーサイト
stream in tranquility | HOME | shade in autumn
本当に本当に、難しいテーマです。
先月だったかなぁ、仲良しさんちのブログで「殺処分」の話を綴られてて、
今後の日本のペット事情をどうすべきか…みたいな事があって、皆さんが意見されてたんですよね。
私、もう猫生活初めて5年は経ったけど、何1つこの様な分野での活動も役に立つ様な事も、
恥しいですがしたことがありません。
その方のブログに、私はその日、「そこまで無残な状況で放置や払い戻し、無責任な放棄が後を絶たないのなら、
もういっそのこと、ペットにも住民票的なもの作ったり、購入により手にされるんであれば、正等な理由でもない
限り、手放す時には罰金でも税金でもなんでもええから、とにかく何かしらのペナルティを設けるとか~~~」
みたいな事を書いたんですよね。あ、もうあくまでただのサラッと感の意見としてです。
最近のニュースで……嗚呼、「ペット税」の考案出てますよね。私、そのニュースを初めて見た時ドキーッして
{どうなるんだろう}と共に、{あ~ぁ、にっぽんは国民だけじゃ気が済まず、お犬様お猫様まで振り回すのか…}
って…… みんな思いますよね。ただ自分が似た様な事を少し前に書いたりしてたもんだから、
見る角度を変えたら、「思考・思案のプチ革命の第一歩」的にも取れるのかもしれないですよね。
ようするに、「犬」や「猫」をあまりにも「軽視」してるのがそもそもの問題の根源の様な…
得にこの↑の、こんな無邪気そのものの何の罪もないこの子ら外猫ちゃん・野良ちゃんが…
ん、なんか寝る前で明日の記事も作ってないとゆ~のに、やたらと熱くなって語ってしまってますね、私(^_^.)
あほぅだからあまり難しい事はスルーして生きて来たけど、もう猫の魅力に取り付かれてしまったがばっかりに
つい「軽視」出来なくなってるんでしょうね(^_^.)
素敵な写真です、今日も♪ 可愛いですね~!!
肩の心配もありがとうございます(^・^) まだ針治療行ってはいるけど、もぉ止め止め!治らない(>_<)
「フェイタス」もう何箱買っただろ、日々のストレッチや姿勢でもう自力で頑張って痛みをブッ飛ばしま~す♪
oceanさんもお大事にです(^_^)
2010/12/03 23:19 : しゅりっち URL : 編集
そっか、ここの子達は手術されてないのか・・・
姉さんこそ、何もしてない恥ずかしい思いでいっぱいなんだけど。
でも、周りで、手術を勧めて費用まで出すと言ってもなかなか、みたいな話が当たり前のようにあって。
姉さんもそういう子達や餌やりさんに会うことがあれば、勇気を出して・・・勇気振り絞って、声に出してみようと思ってるところ。
というか、言い聞かせてるところ。
まだ、そういう機会がないから、実際に目の前にしたら、こそこそ次にって逃げてるかもしれない、情けなさだけど。
ご飯を貰っている状態は、やはり自然のままではないものね。
しぜん、栄養があるから産む回数も増えて生まれる子達の数も増えて。
猫達の数がどんどん増えているのでなければ、たぶん、減らされてる可能性だってあって。
子猫が愛護センターに連れていかれたら、それはもう即処分となってしまうんだよね。
そういうことを考えたら、頑張って伝えていけるかな、と思ったり・・・姉さんこそまだまだだよ。

ただ、この間、読んでくれた記事にも書いたけど、行政の姿勢も少しずつ変化してきてるみたいで。
子猫の譲渡を認めるセンターも出てきたみたいだよ。
となると、かえって、子猫の少なくなるこの時期に、まだ子猫が多くて、今度は成猫の里親募集が難しくなってるって。
oceangeckoさんがよく知ってる熊本市のように、声をあげていくことで、変わっていくことだってあると思う。
それがoceangeckoさんの場合は写真なんだなって思ったよ(^^)
まずは真実を写すことから、何か変わっていくことだってあるから!!
2010/12/03 23:55 : まったり福タビ大リンの姉 URL : 編集
そうそう、さっき書き忘れたー。
ローマのブロ友さんが、ミラノでの遺伝子についてのセミナーに行ってきたんだけど、その記事の最後にね、ベンガルの毛色の写真、すごい珍しい?のが載ってるの!
一見の価値ありだよー♪
http://zukkopi.blog20.fc2.com/blog-entry-708.html
ちなみに、このマミィはヴァン猫のブリードのために一生懸命勉強してるとこなのだ(^^)
2010/12/04 00:04 : まったり福タビ大リンの姉 URL : 編集
こんにちは

難しいテーマですね

毎日 餌を与えてやる事が 
果たして この子達にとって良い事なのか
手を差し伸べてやる事はできても
その時だけで いいのいか?とか色々と考えると
なかなか・・・です・・・




2010/12/04 10:10 : kotone URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/04 11:08 : : 編集
本当に本当に難しいことで、ただ今の私たちが出来る一番のことは
そばにいる家族として暮らす子達の面倒をきちんと見る。
そして、じゃあ次に・・・となるわけだけど・・・

>でも、その土地や風習に応じた形があるような気がする。

これは田代島に行った時にすごく感じました。
あそこは人間の医者ですらいないような場所。もちろん獣医さんもいないわけで
去勢避妊も、病気の治療も無理な場所。
でもみんなで猫にゴハンを与え、かわいがり、猫たちものびのび暮らしてました・・・

ひとりひとり、違う命で違う個性。
猫にとっての幸せも完璧な形はなく、それぞれが違うのかなぁ・・・

私も考えても考えても、答えが出せないでいます。
2010/12/04 12:07 : sari URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://colorsofsilence.blog137.fc2.com/tb.php/12-71958106


□author of this blog:

■oceangecko

典型的O型人間。優しいダンナ(典型的B型)とベンガル2匹、そして新たに白黒2匹が家族に♪ 趣味は、波乗り&猫とまったり&カメラ&旅行。ブログ→デジイチに目覚め、バタバタと仕事と日々の生活に追われつつも皆さまに支えられながら、なんとか更新中♪

□my sweet CATS

■シェル(SHELL)
(ベンガル ♀ 2007.11.7生)
SHELL
とっても愛らしいお顔がチャームポイント。時には優しく、時には厳しく、兄弟をまとめてくれるいい姉ちゃん。
 
■海(KAI)
(ベンガル ♂ 2008.9.4生)
KAI
とりあえず、いつでも絶好調!周りが見えていない超マイペース猫。シェルの甥にあたる。
 
■リーフ(LEAF)
(ミックス ♀ 2010.4.6生)
LEAF
真っ黒にゃんこのリーフ。体は一番小さくても気は強い!チームにゃわんを通じてうちの子に♪岳の妹。
 
■岳(GAKU)
(ミックス ♂ 2010.4.6生)
GAKU

愛嬌たっぷりのタキシード。我が家で一番の甘ったれ。人も猫も大好きで、何にでも首を突っ込たがる。リーフの兄。
 
■空(QOO)
(ミックス ♂ 2011.5.23生)
QOO

スーパーの駐車場で、事故にあった直後に遭遇。色々あって結局うちの末っ子に。食欲+好奇心は常にマックス。
 
   
THANK YOU

・CANON EOS 40D
・CANON EOS 50D
・CANON PowerShot G16(コンデジ)
・CANON EF100mm F2.8マクロUSM
・CANON EF35mm F1.4L USM
・CANON EF70-200mm F4L IS USM
・CANON EF-S17-55mm F2.8 IS USM
・CANON EF24-105mm F4L IS USM
このブログに掲載されている写真・画像等を無断で使用することを禁じます。oceangeckoへの個人的な連絡等は、鍵コメをご利用ください<(_ _*)>
熊本発 『にゃわん奮闘記』
リーフと岳の育ての親♪
にゃわん奮闘記 
『いつでも里親募集中』
本当のおうち探しています
いつでも里親募集中
お洒落なビストロ
「le chat noir 」ル・シャノワール 
○  ○ le chat noir  
かわいい猫雑貨がたくさん 
通販版「MEOW MEOW」
  MEOW MEOW
シェルと海の実家
ベンガル猫「リアルキャット」
 リアルキャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。